1月27日、香川民医連で働く理学療法士・作業療法士・言語聴覚士による、リハビリテーション部会リハ学会が開催されました。

高松協同病院、高松平和病院など7施設から70人が参加、発表された演題で、リハビリ医療について活発に論議し、互いに学びあいました。

高松協同病院からの発表演題は以下の通りです。

 

「大腿骨顆上骨折に対するアプローチ」 東病棟 PT 篠原あずさ

「早期復職が必要な症例~脚長差に着目して~」 東病棟 PT 伊藝圭汰

「脳梗塞右片麻痺を呈し歩容の改善に至らなかった一症例
~HONDA歩行アシストを使用して~」   西病棟 PT 藤香保里

「片麻痺患者の排泄動作自立を目指して~立ち上がり・立位姿勢に着目して~」
通所リハ PT山地拓也

「外来リハビリテーションでのパーキンソン患者への対応
~転倒回数7回/週の症例~」      外来リハ  PT中條幹大

「当院退院後の在宅内移動安定に向けて」    訪問リハ PT尾野慎弥

「自転車運転再獲得に向けて ~独居生活復帰に対し不安が強い症例~」
東病棟 OT浜崎真利亜