通所リハビリテーション科科長の辻本です。

高松市在宅医療コーディネーター養成研修を、2017年10月から2018年3月にかけて受講してきました。多角的視点をもちながら患者様・利用者様の意思決定をどのように支援していくために、様々なサービスの学習と事例検討を研修会で受講してきました。患者様・利用者様中心に意思決定を進めていくことの難しさを痛感しつつも、地域でコーディネートをきちんとされるように進んでいければ、QOLの向上に繫がると感じました。

これからも地域に深く広く根差した事業所をめざし、地域と様々な事業所を結ぶかけ橋となれるように取り組んでいきますので何卒よろしくお願いいたします。


協同病院 3人の在宅医療コーディネーター
中央 辻本(通所リハビリ科長)
右 藤原(総合相談室MSW)
左 清(総合相談室MSW)