t-m

当院は「リハビリテーション=全人間的復権」と定義し、各職種の専門的な力量を最大限発揮した強力なチーム医療こそが患者さまをよくする鍵であると考えています。病棟スタッフは看護、ケアワーカー、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、ソーシャルワーカーなどの職種別(縦のライン)ではなく、病棟所属として様々な職種が職種が強力なチーム(横のライン)となってリハビリテーションを提供しています。

1病棟を約25~30名ずつAとBチームに分け、各病棟長としてフロアマネージャー、各チーム長にチームマネージャーを配置し、各チームには各職種のサブマネージャーを置き、チーム一丸となって目標を共有しフロア、チームマネージャーのもと強力なチームアプローチができるよう重点的に取り組んでいます。

職種間の壁を極力なくし、お互いを尊重しあい率直に意見を述べ合える関係、環境を作る事こそがよいチーム医療につながると考えています。

timu

「よいチーム医療はまずよいコミュニケーションから」を合言葉に、いつでもどこでも多職種間でちょっとした話し合い(軒下カンファレンス)ができるよう病棟での訓練を重視し、日常的に協働し情報共有ができるようにしています。

朝、夕のミーティング、ミニカンファレンス、中間カンファレンス、リハビリカンファレンス、ケアカンファレンスなどFACE TO FACEのコミュニケーションのとれる環境設定を心掛けています。

患者さまへの説明、同意、納得を得たうえでリハビリテーションを進めています。毎月医師から現状や今後の説明を十分させていただきます。また、目標の提示を行い患者さま、ご家族とも目標を共有して行います。