2013年7月28日から8月3日までベトナムに滞在し「ベトナム・タイニン省のリハビリテーションを支援する会」に参加させていただきました。

ベトナムでは地域訪問と平和村とよばれるタイニン省のリハビリ病院での活動を中心に行ないました。対象疾患は小児麻痺、脳卒中や頭部外傷に伴う片麻痺の方が多くを占めていました。日本とは違う環境や、障がいに対する価値観など文化的な違いは見られましたが、「よくなりたい」「よくなってほしい」という本人と家族の想いは日本と同じであると感じました。

IMG_1242 IMG_1277 IMG_1312

理学療法士として無力さを感じつつも、多くの事を感じ、学ぶことのできた充実した1週間でした。パワーアップし、またリベンジに行けたらいいなと思っています。

理学療法士 川西真理子