「食事時間までリハビリなんて、大変」と思われそうですが、少しちがいます。

ご高齢の方、脳血管障害患者さんの多い当院では、嚥下障害や手や口の麻痺で食事を食べることの障害がある方が少なくありません。

食事を安全においしく食べていただくことも、たいせつな課題なのです。

そこで、昼食時間を中心に、いろいろな職種が、「食事のリハビリ」に関わります。
看護師・介護士が食事全般に関わるのはもちろんですが、理学療法士、作業療法士が食事中の姿勢や、特殊な箸やフォークなど食器の工夫し、言語聴覚士が、患者さんそれぞれの摂食嚥下状態を見極めながら、食材の選択や食べ方の工夫を、管理栄養士が患者さんの食事の様子を見ながら、患者さんの嗜好も考えた食事内容を検討しています。

また、非常勤ですが、摂食嚥下が専門の歯科医師にきていただいて、総合的に、食事の評価とその人にあった姿勢や食べ方の指導もしていただいています。

さらに、栄養管理の特別なチーム(NST)がラウンドし、しっかり栄養がとれリハビリできる状態になっているかも検討しています。自分の口からおいしく食べられることは、とてもうれしいものです。

当院では、「食事時間もたいせつなリハビリ」なのです。

eat01 eat02