高松協同院の西棟北側の散歩道(リハビリロード)においているプランターで、いろいろな野菜が育っています。オクラ、ズッキーニ、トマト3種、キュウリ、ナス。花壇にもピーマンとオクラ、トマト(昨年植えたものの種子が発芽して大きくなってきました)を植えています。

実ったものを収穫する喜びも感じてもらい、調理実習ではズッキーニを使ったグラタン、オクラを使った丼ぶりものなど、楽しんでもらっています。巨大になりすぎたズッキーニは、カレーバザーでつかいました。

トマトの熟れた写真を撮ろうとしているのですが、赤くなると次々になくなって行きます。歩行訓練のご褒美がトマトとなっているのか、実がいっぱいなっている様子を写真に撮るのは至難の業という状況です。

入院患者さんや通所リハビリの患者さんが、歩行訓練の途中で季節を感じられ、ちょっと和んでいただければよいなあと思います。このごろは、蝉の鳴き声もにぎやかで、夏が来たと感じられる場所ともなっています。

 

 

(追記)
プランターの北側には、いろいろな花も咲いていてリハビリ中の患者様の心をなごませています。