4月1日付けで高松協同病院に7人の新入職員が配属になりました。

新入職員オリエンテーションの一環で
香川医療生協古高松支部の「ほっこり」を見学に行きました。

0426-1「ほっこり」は、「ひとりぼっちの人をつくらない」「出会い・ふれあい・支えあい」を合言葉に、組合員さんが、ボランティアで運営する、地域のお年寄りの人たちの集いの場(「居場所」)です。高松市の「健やか高松21」モデル事業にも認定されています。

新入職員は、集まってきた人々に、自己紹介し、さっそくリハビリ・歯科衛生士、看護師として、質問に応えたり、一緒に体操や、パズルに挑戦して交流しました。

感想文には、「こられた方々はとても生き生きとして、この場所に来て話すのが楽しみなんだと感じた。(略)私も地域出て働く機会があったら、協力したいと思った」などとありました。医療生協の、魅力に触れていただく機会になりました。

0426-2