9月10日、鳥取で民医連主催のフットサル大会が開催され高松協同病院から14名が参加しました。中四国から8チームが参加し、激しい戦いの末、残念ながら今年は全国大会に行くことができず、悔しい思いをしました。

高松協同病院チームは以前、全国大会にも出場することができましたが、年々体の衰えを感じていることと、今年は同僚の結婚式が重なりメンバー不足に陥ってしまい、思うような結果を残すことができませんでした。

しかし、大きな怪我もなく安全に香川に帰ってこられたことと先輩後輩のコミュニケーションがいままでよりも多くなったことが今回大会に参加して得られたことかと思います。

今回の雪辱は来年の大会で晴らし、また以前のように全国大会の出場を目指していきたいと思っています。
フットサル