9月4日~ 6日、イギリスのヨーク大学で開かれた核戦争防止国際医師会議(IPPNW)に個人的に参加してきました。

「反核医師の会(核戦争に反対する医師の会)」が企画したツアーで、主に全国の保険医協会や民医連に所属する医師や歯科医師を中心に総勢30人程の参加でした。

IPPNWとは1980年に設立された核戦争を医療関係者の立場から防止する活動を行うための国際組織です。3日間の会議には全世界中から500名以上が参加し、核兵器問題以外にもテロ問題、銃の問題、難民、経済格差や宗教差別など、社会と生命・健康に関わる問題を幅広い立場で活発に議論し大変意義深いものでした。空港やイギリスでの滞在中には海外のバリアフリー化が進んでいることなども実感できました。

これからは日本だけではなく、世界レベルで健康をキーワードに戦争や格差の無い社会を目指していくべきだと再認識しました。

院長 北原 孝夫