コロナウィルス騒ぎがまだ収まらない中、6月25日に退院患者様が5000人を突破いたしました。前回の4000人突破が2018年1月ですので1年半で1000人の退院患者様を送り出したことになります。これも地域の皆様や関連施設の皆様に支えていただいたおかげと喜んでいます。

5000人目となられたのはA様、リハビリに熱心に取り組まれ、退院時にはすっかりと回復されたご様子でした。元音楽の先生であるA様、入院中は夕方になると病棟に設置されたピアノを使って演奏を行い、他の入院患者様が聞き入っていました。退院はおめでたいのですが、あの演奏が聴けなくなるのは少し寂しいと思いましたが、今後音楽療法でご協力を得ることになりそうなので喜んでいます。

さて、次の6000人目は、いつ頃どなたになるのか…とても楽しみです。

※感染対策のため、くす玉割りと花束贈呈の時は残念ながら少人数で、写真撮影時のみマスクをはずして行っています。