高松協同総合相談室では在宅医療コーディネーターが3名在籍しています。さらなる向上を目指して職員が講習を受けチャレンジ中です。今年はご存じのとおりコロナウィルスの影響があり、3密になる各種講習会の開催も控えられているのが現状です。本来はこの講習会も高松市医師会館での開催なのですが、今年になって注目のzoomを使っての遠隔講習会になっています。

地域の皆様がかかえる医療リハビリに関する不安や相談事により迅速に対応できるようになりますので、不安事などございましたら、お気軽にご相談下さい。

電話(直通)087-833-2510

※在宅医療コーディネーターとは

在宅医療への移行およびそのマネジメントのための次に掲げる人材育成を目的とする。

  1. 病院・診療所から在宅に移行する患者・家族の意思決定を支援し、表明した意向 を実現するために、医療と介護のサービス調整をする人材
  2. 中核病院の退院支援部門と中小病院・診療所との連携を仲介する人材
  3. 中核病院以外の医療機関同士の病病・病診・診診連携を円滑化する人材