ニュース

高松協同病院にリハビリ入院中の患者様には、高齢で認知症の方も多数いらっしゃいます。当院では認知症の患者様にも生活の活性化を図ることや効果的なリハビリを提供したいと考え、職員で「認知症チーム」を作り、いろいろな取り組みを行っています。今回、取り組みの一つとしてデイサービスと、さぬき便の「楽しもうよ」に相当する言葉をかけて「楽しもうで~」を開催しました。
対象となったのは高齢で日常生活自立度Ⅲ(日常生活に支障を来たすような症状・行動や意思疎通の困難さが見られ、介護を必要とする )の患者様。内容は認知の刺激とアクティブを融合したゲーム的レクリエーションです。

認知症になると、理解しにくい行動がふえるため周囲から孤立してしまいがちなのですが、これが認知症をさらに進めてしまうと言われています。回りの方々との関係を持ち、不安感を取り除き楽しく過ごしてもらう時間が入院中といえども大切だと考えました。心理的に安定すれば、リハビリの効果も上がります。
時間はお昼過ぎの45分間。東西の各病棟から3名ずつ集まっていただきました。患者様の自己紹介に始まり、続いてスタッフが手作りした双六に挑戦です。患者様に大きなサイコロを投げていただき止まったコマのイベントを行います。「行ったことのある県を答えて」「緑の野菜で思いつくのは?」「動物といえば?その鳴き声は」などの質問に、皆さんに答えてもらい、それを聞き笑ったり手をたたいたりリアクションして盛り上がります。
軽い運動で「立ち座り3回できる人」やスタッフがジャンケンを出して、それに負ける手を出す「後出しジャンケン」、「自分の膝グリグリ10回」「足踏み10回」「万歳10回」などコマに止まるたびに盛り上がっていました。最後は、スタッフによるピアノ伴奏による「ふるさと」合唱で締めくくりました。
普段の入院生活では、スタッフとの会話だけになりがちですが、集まって複数のスタッフや他の患者様とふれあうことで不安が減り、刺激に対してリアクションして楽しむことができたような気がします。こういうことの積み重ねが認知症の改善につながれば良いなと思いました。今後も「脳機能・アクティブ・リラクゼーション」をキーワードに、いろいろな活動を続けて行く予定です。

認知症チーム?M

 

PDFで全内容(4ページ)を見る(4.1MB)
※kirittoの表紙画像クリックからでもご覧いただけます。

10月18日 ギター弾き語りライブ 「2019ふたたびの旅・再会」全国ツアーを行っている、元デューク・エイセス トップテナーの大須賀ひできさんが高松協同病院に来院されました。
夕方にライブハウスで公演する前の時間を利用して来て下さいました。
前々から病棟で告知をしており、その時間だけはリハビリも予定を入れずにワクワクして待っていました。
開始時間の少し前から東西病棟の患者様や付き添いのご家族様も2階のリハ室に集合を始めたのですが、その数の多さにびっくり。普段のイベントは東西病棟を分けて行っていますが、今回は東西合同になるため、いつもより多く感じます。音響設備も持ち込んでいただき、低音の効いた」音が響きます。
大須賀さんは、会場の患者様方に優しく語りかけるように話し、みんなも知っている曲を歌ったり、自分のデビュー曲を歌ったりとサービス満点。間近で見て聞くプロの歌声にうっとり。やっぱりプロの声は違うね~と感じました。
約30分に渡りギターの弾き語りを熱演して下さり、患者様も満足そう。最後は患者様の前で一緒に記念撮影もしました。
手作り感あふれる職員やボランティアさんのイベントも良いのですが、今日はいつもと違ったイベントとなったひとときでした。

PDFで全内容(4ページ)を見る(1.5MB)
※kirittoの表紙画像クリックからでもご覧いただけます。

7月も中旬が来たのに梅雨があけず、ぐずついた日が続いています。

7月7日は七夕でした。高松協同病院では毎年職員の有志が、笹を切って持ってきてくれます。

笹は病院(外来)入口と病棟に設置。カラフルな短冊を用意し、自由に願い事を書いてもらって飾っています。その時々の世相を反映した願い事も多いのですが、今年は自身や家族の健康を願うものが特に多かった感じです。そういえば香川は大きな災害もなく平和だったかも。お見舞いに来た子供さんが書いたものと思われるものも多く見かけました。

ひぃひぃおばあちゃんの健康を願っていたもの、自分自身の習い事の上達を願うものがありました。

願いを込めた皆さん幸せが訪れることを祈りつつ、来年はどんなことが起こって何が多く書かれるのだろうか?…と思ってしまいました。

高松市国保・後期高齢者の特定健診は7月~10月です。

今年は予約制です。事前にご予約下さい。

詳しくはパンフレットをご覧下さい。

高松協同病院 通所リハビリテーションは2019年10月より、半日を中心としたサービスになります。

詳しくはパンフレットをご覧下さい。

PDFで全内容(4ページ)を見る(1.5MB)
※kirittoの表紙画像クリックからでもご覧いただけます。

4月1日、栗林町にある香川医療生活協同組合本部にて法人全体の入社式が行われました。本部研修室にて3日間の研修を終え、4日に高松協同病院へ配属になった、理学療法士2名、作業療法士4名、言語聴覚士1名、管理栄養士1名の8名が着任しました。朝の全体朝礼にて歓迎、続いて高松協同病院での座学、院内見学を行いました。また、先輩から現場にて実践的な注意事項を教えてもらったりと、緊張した表情で研修に励んでいました。彼らが一日も早く一人前になれるよう、これから1年間研修プログラムに従い、その職種の技術に加えて社会人としての技量もつけていけるよう指導していく予定です。

1954年3月1日に第五福龍丸がビキニ環礁で水爆実験に遭遇し、乗組員が被害に遭いました。それに伴い、日本では毎年3月1日を原水爆禁止運動の日、通称ビキニデーとし集会等の活動を通して核兵器廃絶等の平和運動を行っています。

今年は水爆被災から65年目のビキニデーになります。今回は香川県の代表の一人として、日本原水協の全国集会と、第五福龍丸の元船員の墓前行進・墓前祭に参加してきました。集会では実際に被害に遭われた元船員の方や、マーシャル諸島等海外からのゲストの方も出席され、実体験に基づく貴重なお話を伺うことができました。被害に合ってから数十年以上が経過してもなお核兵器が残した爪痕は大きいという事を理解し、核兵器廃絶への努力を続けていくべきであると実感しました。