2014年国民平和大行進四国コースが香川入りしました。

6月1日(日)、徳島から香川に平和行進が引き継がれました。東かがわ市引田町の徳島との県境で、引き継ぎ式が行われ、香川・徳島から約40名が参加しました。徳島の医療生協・民医連の仲間もいました。このあと香川の参加者は引田駅まで歩きました。
引き継ぎに参加すると、四国各県の協力で四国を1周し、核廃絶・平和を訴えている仲間がたくさんいるんだと元気が出ます。香川県内を6月15日まで行進し愛媛に引き継がれます。

暑い日でしたが、海沿いの道で風があり気持ちよく歩くことができました。

国民平和大行進は、国民平和大行進は、“ノーモア・ヒロシマ!ノーモア・ナガサキ!”“核兵器のない世界を”と核兵器廃絶を訴えて、文字通り全国を歩く行進です。1958年6月に、被爆地広島から東京へ、1,000キロの道のりを歩く最初の平和行進が行われました。以来この半世紀以上、雨の日も風の日も毎年休まず行進は続けられ、いまではすべての都道府県と7割を超える自治体を通過し、毎年10万人が参加する国民的行動となっています。核兵器廃絶を願う人なら誰でも参加できる行動です。

高松協同病院からも、香川の行進中、ほぼ毎日職員が参加しています。

国民平和大行進 国民平和大行進

国民平和大行進のページ
http://www.antiatom.org/intro_activity/peace_march.html

国民平和大行進