今年も七夕の季節がやってきました。毎年職員有志が笹を切って持ってきてくれます。

高松協同病院の入口と病棟に笹が設置され、願いを書き入れる短冊を用意しました。

今年は設置が遅れてしまったのですが、設置と同時に多くの患者様が願い事を書き入れました。

願い事は例年どおり健康や長寿に関するものが多いように見えました。中には世界の平和や、天災が無いことを祈るものもあり、世の中の動きを反映しているな、とも感じさせられます。

七夕当日は残念ながら空模様は雨の予報ですが、皆様の願いが叶えばいいな、と思いながら空を見上げました。