7月も中旬が来たのに梅雨があけず、ぐずついた日が続いています。

7月7日は七夕でした。高松協同病院では毎年職員の有志が、笹を切って持ってきてくれます。

笹は病院(外来)入口と病棟に設置。カラフルな短冊を用意し、自由に願い事を書いてもらって飾っています。その時々の世相を反映した願い事も多いのですが、今年は自身や家族の健康を願うものが特に多かった感じです。そういえば香川は大きな災害もなく平和だったかも。お見舞いに来た子供さんが書いたものと思われるものも多く見かけました。

ひぃひぃおばあちゃんの健康を願っていたもの、自分自身の習い事の上達を願うものがありました。

願いを込めた皆さん幸せが訪れることを祈りつつ、来年はどんなことが起こって何が多く書かれるのだろうか?…と思ってしまいました。