このほど「いのちの章典」学習会を開催、職員49名が参加しました。

高松協同病院は地域の医療生協組合員と職員が力を合わせて運営しています。「いのちの章典」では、「自己決定に関する権利」など地域の組合員(患者・利用者)が医療や介護に関わるときに大切にされるべき5つの権利と義務が述べられています。私たち職員はこの章典を学び、組合員との共同を強め、よりよい医療介護が提供されるよう、日々実践したいと思いました。

※いのちの章典とは
医療福祉生協は、いのちとくらしを守り健康をはぐくむ事業と運動を大きく広げるため、これらの成果を踏まえ、医療福祉生協連の設立趣意書の内容を基本にして 「医療福祉生協のいのちの章典」(いのちの章典)を策定しました。

http://www.hew.coop/aimis