リハビリテーションプログラムを患者さま、ご家族と相談しながら医師をはじめとした病棟スタッフ(看護師、ケアワーカー、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、ソーシャルワーカー等)が共同で作成し、日常生活に密着したリハビリを集中して行う病棟です。

  1. 寝たきりの防止
  2. 日常生活動作の向上(食事、着替え、洗面、整容、排泄、入浴など)
  3. 家庭復帰

私たちは、その人らしい人生の再構築に向けての回復を支援し、チーム一丸となってサポートします。

私たちは、障害を持った患者様が今までできていた日常生活動作を取り戻し、自立した生活に近づけるようサポート致します。

そのために様々な職種がそれぞれの専門性を最大限に発揮し、患者様を中心としたチームとなり協働しています。リハビリテーション=全人間的復権と定義し、患者様が「納得した状態」で、退院後の新しい生活をスタートさせることこそが「その人らしく生きる権利の回復」につながると考えています。

「その人らしく生きる権利」の回復を目標とし、患者様を中心とした職員の協業で「全人間的復権」を援助します。

早期離床、早期歩行へのアプローチを行い、実用歩行獲得・意欲の向上を目指します。

機能の改善だけでなく、常に日常生活動作の向上に重点を置きながら、退院後の生活自立を支援します。

患者様、ご家族、全職員間で情報共有を密にし、目標を一致させてリハビリ、ケアを行います。

職員は学習により技術、知識の向上に努めるとともに、多職種との協業により患者様に適切なケア、リハビリを提供します。

患者様の思いに共感し、その感情に常に配慮しながら、明るいあたたかい病棟づくりに努めます。