作業療法士として通所リハビリテーションでは、主に入院生活を終え、再び在宅での生活を始められた方に関わっています。

住み慣れた自宅での生活ではありますが、さまざまな怪我や病気の後遺症により、ご本人ご家族ともに苦労されている場面も多く見られます。

私たちはそのような方に寄り添いながら、日々の生活を少しでも質の高いものへ、そしてそれが長く維持できるよう支援しています。

利用者様の中には開始時からの利用者様もおられ、長い経過の中でも、小さな変化に一喜一憂しながら毎日を過ごしています。


理学療法士は、様々な病気になった方に対して起き上り動作、歩行などの日常生活において必要不可欠な動作の獲得を目指して運動療法を行います。

時には重介助の患者様に対してのリハビリも行っていくため体力的につらい時もありますが、それ以上にこの職業に就いて良かったと感じる事があります。

それは、患者様の笑顔が見られた時や、患者様の体調が少しでも良くなった時に、私たちもとても幸せな気分になることです。


言語聴覚士は、コミュニケーションの障害、嚥下障害(食事の障害)に対して、リハビリを行なう仕事です。

人と話をすること、おいしい食事を食べることは、生活の中で必要不可欠であり、楽しみでもあります。

気持ちをわかってもらえた時、少しでもおいしい食事が食べられるようになった時の患者様の笑顔が一番のやりがいになります。


当院が開設してから、オープニングスタッフとして、老人保健施設から移動となってから現在までケアワーカーとして働いています。その間、結婚、出産を経て二人の子供の育児をしながら、毎日患者さんのリハビリの援助をしています。

最初は数人だったスタッフも今では数十人となり、それぞれが専門知識を発揮し、患者様が社会・在宅復帰できるようにお手伝いをさせて頂いています。

車椅子で入院してきた患者様が日を追うごとに回復し、歩いて帰るのを目の当たりにでき、一緒に喜び、元気になれる職場です。

入院を希望される方も多く、増床となった今でも期待は大きいですが、残念ながらスタッフが足りず、お待たせしている状態です。

是非、興味のある方は来てみてください!

和気あいあいとして、育児で大変な時でも、他のスタッフがすぐにフォローしてくれるとても頼りになる職場です!夫婦でも働けますよ!


入職して早3年が経ちました。

毎日忙しく、1日があっという間に過ぎていく気がします。

そんな中でも患者様と一緒に目標に向かっていきながら、達成できた時や笑顔を見ることができた時はうれしく思います。また、職場には若いスタッフが多く、活気があり楽しく仕事ができる環境だと思います。


理学療法士として高松協同病院に入職して6年目になります。

職員みんなで力をあわせて、利用者様を支援しています。

仕事は大変なことはありますが、たくさんの方々と関ることで、仕事、人として得るものは多いです。

リハビリ職員は若い方は多く仕事熱心で、他の職種とも連携がとれており、働きやすい職場だと思います。


協同病院へ就職して、早10年が経とうとしています。

急性期病院からの転職でしたが、当初は回復期リハビリでの看護師の役割が理解できずに手探り状態でした。

急性期病院と違い、点滴や処置などの医療行為がほとんどなく何をやればいいのか?戸惑いました。

しかし回復期の看護は、看護そのものだと言うことに気付かされました。障害をもった患者様のケアを行い、リハビリ(全人間的復権)の援助をし、自宅復帰の手助けをしていく中で、改めて看護師の役割と素晴らしさを再認識することができました。

私たち医事課は、窓口業務や請求業務などさまざまな面で患者様や家族の方と関わりながら、ドクターや他職種と共にチーム医療の一翼を担っています。

医療事務として専門的な知識や技能、医療制度への理解を深めることとあわせて、受付等で患者様と最初にお会いする役割もあり、接客的要素も求められます。常に相手の立場に立ち、笑顔で気持ちの良い対応を心がけています。

六車身佳

医療ソーシャルワーカーとしてチーム連携や地域連携で、患者様を支えるだけでなく、社会的課題を抱えた患者様に権利擁護を大切にしたソーシャルワークを行っています。患者さんの生活を支えるために、自宅訪問に行ったり役所に行ったりと仕事は院内に留まりません。時には、地域の医療生協の組合員さんからボランティアで協力していただくなど支援のかたちは様々です。患者さんの希望が一つのかたちになった時、患者様もMSWも得られる喜びはひとしおです。また、病院組織も医療ソーシャルワーカーの価値をよく理解してフォローしてくれる職場だと感じています。

宮野光喜

笑顔の絶えない、地域に貢献できる薬局を目指しています。

私たち薬剤師は、患者様が納得・安心して服薬して頂けるようコミュニケーションを大事にしています。薬局は薬剤師3名、事務1名、全員が若い職員の活気あふれる職場で、毎日和気あいあいと楽しく仕事をしています。

地域の患者様に安心で安全な医療を提供し、地域医療に貢献できるような薬剤師の育成を目指しております。

米田哲朗

高松協同病院では集団立ち座り訓練や集団体操など、患者様が顔を合わす機会がたくさんあります。そんな中で、退院が近い患者様が訓練に意欲をみせている姿を、入院して間もない患者様が目にし「自分も頑張ろう」という気持ちにさせられるという話をよく耳にします。また、患者様同士で「頑張ろうな」といった励まし合っている姿も日常的に見られています。高松協同病院では職員だけではなく患者様同士の関わり合いによっても、退院後の生活に向けて意識を高めていく事の出来る病院です

高杉誠

回復期病棟で作業療法士として、患者様の日常生活動作や家事、趣味活動などの再獲得を支援させていただいています。いろいろな疾患の患者様がいて、それぞれ異なる悩みや困難があり悩むこともたくさんありますが、本人様・ご家族様の笑顔やチームのスタッフに助けられながら、悩みながらも毎日楽しく仕事ができています。他職種との連携が図りやすく、チーム一丸となって取り組んでいけるとても働きやすい職場です。

藤澤のどか

言語聴覚士は、病気で話すことや食べることが難しくなった方へリハビリテーションを行います。昔から誰かのお話を聞くことや笑顔を見ることが好きでした。入職して3年が経ちましたが、患者様が楽しくお話や食事ができ、笑顔で毎日過ごせるよう日々技術を磨いていきたいと考えております。

中井真希